スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日に高円寺で行われたデモ行進の写真

本来ビジネスブログでデモの写真を載せるのは、相応にリスクのあるものと承知しております。

しかし極めて大きな地震と津波が原因とはいえ、一瞬の危機管理の対応に失敗すると本来はインフラ企業で経営的には極めて安定しているとはいえども、こうして存続に対して多大なリスクがあることが、改めて確認されました。

ここまで不信の念が強くなったのは、いくつかの要因の積み重ねでもあります。

1)廃炉への対応が遅れたこと
2)会見内容が不明瞭で、良く分からないこと
3)出てくる顔ぶれが毎回異なり、身内の論理で組織を守っている印象が強まったこと
4)質問にも答えないなどの姿勢
5)お詫び広告など、表舞台での対応でなくメディアなどを通じた裏工作とも取られる対応なこと

などなど、いくつかの積み重ねがあることは確かですが、どのような規模や経営の安定さを持っていても、社会とのかかわりや一瞬の判断ミスで、存続が厳しくなって社会からNoをつきつけられることは、改めて念頭に置くべきことでもあります。

8864820_1078008321_25large.jpg

8864820_1078008329_216large.jpg

8864820_1078008335_101large_20110417205216.jpg

8864820_1078008349_110large.jpg

8864820_1078008360_217large.jpg

8864820_1078008376_73large.jpg


スポンサーサイト

ガソリンが無い状況

改めて地震から1週間経ち、被災者や福島・茨城では本当に大変な状況と思います。
首都圏では何がないかと申しますと、スーパーの買占めは収まり、今はトイレットペーパー/ウエットティッシュ/インスタントラーメンが無いですが、概ね食料は手に入ります。

本当に無いのは「ガソリン」「燃料」です。どこもスタンドで時間制限をしている・開いていない・すごい行列でナビのVICSに表示される状況です。

8864820_1040686625_133large.jpg

8864820_1040686622_28large.jpg

8864820_1040686616_195large.jpg

8864820_1040686612_149large.jpg

8864820_1040686609_132large.jpg

8864820_1040686608_107large.jpg

8864820_1040686638_1large.jpg


地震後における食料買出しの注意事項

本日は地震に際して、朝から生活物資/食品などの買出しが相次ぎ、午後の早い時間にはパン/水/冷凍食品/インスタントラーメン/惣菜などがなくなるなどしました。

普段より人通りが多いですが、下記の点に注意してください。


1)既に原発の件がありますので、 窓を閉めて極力外出しないように。
2)パニックになって買占めをしないこと。
3)3日経てば増産や物資輸送が進みますので、その間がしのげれば大丈夫です。
4)水分と乾パン/缶詰類・懐中電灯があれば、当座はしのげます
5)買出しの際に、建物が倒壊している場合があるので、注意する
6)エレベータは使用しない(使っている方をたくさん見ました)

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

写真で見る日本の風習と社会(2)日本の不動産取引-Japanese cluture and society in picture(2)To rent room

日本は都市部での人口密度が高く、アパートを借りて暮らすことが多いです。規約で1人で住むことが多く、部屋を借りるときには敷金・礼金を支払うことが多いです。
敷金は保証金の色合いが強く、他に移り住むときに極端に部屋を汚していない場合は返還されます。礼金は商慣行の色合いが強く、大家さんに支払うお礼が起源です。都市で知り合いがいない場合に、大家さんにお世話になるため「前もって感謝」の意味でお金を払うといわれています。ある意味では大家が借りている賃借人の面倒を見る、ということですが、江戸時代の長屋の「大家と店子」の色を残しています。
ところが昨今では借り手がいない・値下げの手段として礼金を取らない事例が増えてきました。

In Japan population density of the city is high. It is popular to rent apartment a room.
It is often to live alone, and when borrows the room, the deposit(SHIKI-KIN) and the fee(REI-KIN) are often paid.

Besides, the deposit returns in the meaning of the security money when it has not made a mess of the room when moving. In the fee, the shade of the trade practice is strong, and the reward paid to the landlord is an origin. It is said that money will be paid in the meaning of "Thanks beforehand" to be indebted to the landlord.
The landlord looks after the hirer, and the color of "Landlord and tenant" of the tenement house of Edo period has been left. The case where the fee is not taken as a means of recently, there is no borrower and the price cut increases.

DSC7014-1.jpg

写真で見る日本の風習と社会(1)ちんどん屋-Japanese cluture and society in picture(1)CHINDON-YA

Facebookで掲載しましたが、こちらでも簡単に紹介します。ブログは日本語が世界最多ですでに文化の一部になっていますし、ミクシィなどの匿名ベースSNSはこれも文化になっていますが、Facebookは世界的なSNSの色合いが強く、画面構成を含めて、インターナショナル(かなりバタ臭い)ことが特徴でもあります。何となく英語のほうが合うような印象を受けます。

<以下紹介>

日本の街角で時々、着物を着たちんどん屋を見かけます。

ちんどん屋は、チンドン太鼓と呼ばれる楽器を鳴らすなどして人目を集め、商品や店舗などの宣伝を行う日本の請負広告業です。太鼓と鉦(当たり鉦)を組み合わせたチンドン太鼓などの演奏、および諸芸や奇抜な衣装・仮装によって街を廻りながら、依頼者の指定した地域・店舗へ人を呼び込み、また集客した上で宣伝の口上やビラ撒きなどで商品購入を促します。
その起源は日本では江戸末期になりますが、当時世界では広告は呼び込みなど音声によるものでした。ヨーロッパでは19世紀の街角は物売りの声がうるさく、ポスターなど近代広告が出てから、街が静かになったといわれています。


The ding-dong band(CHIN-DON-YA) who put on Japanese Kimono is sometimes seen at the street in Japan. CHIN-DON-YA sounds a drum, collects public notices, and advertises item and shop as early advertising industry of Japan.They walk in the town with playing the drum and original costumes.The person is called in to the region and the store that the client specified, and purchase is pressed by the prologue and the flyer scattering about the advertisement.


The origin becomes an end of Edo era in Japan. At that time, the advertisement was due to the voice such as calling in in the world. Peddler's voice was annoying to the street corner of the 19th century in Europe. It is said that the town quieted down after a modern advertisement such as posters goes out.

DSC6233-2.jpg
プロフィール

itsolution01

Author:itsolution01
販促物を企画・制作する経営コンサルタント、有限会社ITソリューション 石川 貴善のビジネスブログです。

■ホームページ
http://www.it-planning.jp/
■プロフィール
http://www.it-planning.jp/corp/profile.htm

社会動向・業界動向・事例などのケーススタディーを中心に、課題や原因・解決に至るアプローチをまとめたコラムを取り上げていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。