スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何をモチベーションにして働くか(8)-完了編

企業・団体・官庁など、組織が”負のポジティブ・フィードバック”に陥らないようにするためには、以下の点に留意する必要があるでしょう。

1)市場・社会から乖離しないよう、組織の健全性について常に関心を払う。すなわち行動過程や意思決定のプロセスにおける健全度が問われます。

2)評価システム・人事・ロールモデルなど、社内の慣習・行動などが自社のローカルルールの色合いが強くかつ精緻になりすぎて、ガラパゴス化しないよう、留意する必要があります。

スポンサーサイト

何をモチベーションにして働くか(7)

企業組織や官公庁などが、「明らかにおかしい」と分かっていても、どんどんその方向に入り込んでいくことを、ポジティブ・フィードバックといいます。
ある変動がその変動をさらに促進していく繰返しの作用となるのですが、

・企業風土や社風
・ロールモデル
・人事評価/運用
・群集心理
・意思決定のプロセス

などが加味されて作用されていきます。
これが顕著になってきますと、社会的な非難を受けてもあえて受難を甘受する・またあえて甘受してカタルシスや組織の一体感を感じたい、といった快感や願望に酔ってしまうことになりかねないので、注意が必要です。

よく官庁で法案に対する世論やマスコミからの批判や、年金制度のように非難が高まっても
「国民の反対があっても、われわれは断固守り抜く」

となりやすいのは、組織内部の慣性や群集心理によるところが大きいですので、注意が必要です。

何をモチベーションにして働くか(6)

会社への過度の帰属意識や、会社に対するプライドを持ちすぎてしまいますと、最大の課題・問題としては、会社としての衰退や衰微のスピードを速めてしまうことが大きいのではないでしょうか。

そうした路線を加速してしまうのが、会社としてのロールモデルを身近なものとする、人事や昇格による会社側のメッセージによるところが大きくなります。

会社側としては、「手堅い人材」「無難」といった色合いにしても、
「あれが引き上げられるなら、自分はこうしよう」と、ロールモデルを取り入れたり真似たりすることから、純化路線に走ってしまい、会社としてのメッセージが誤って伝わってしまう、ということに留意しなくてはならないでしょう。

何をモチベーションにして働くか(5)

少し延び延びになっていたコラムの続きです。

会社の業績が伸びないと、個人としても先行きが不安となることから、おかしいと分かっていても群集心理と組織内部のロールモデル・経済的/社会的メリットを勘案して、あえてその方向に純化していく傾向が強くなることを申し上げました。

もう1つ共通した傾向として、仕事や職種へのプライドを持つことは好ましいのですが、それが社名によるステイタスや会社に対してのプライドに転化してしまう傾向が強くなることでもあります。

会社へのプライドが強くなるのは、一見しますと組織へのロイヤリティや帰属意識が高まって望ましいことではあるのですが、逆に自己肯定の色合いが強くなりすぎると、方針転換や軌道修正などの柔軟性が聞かなくなる傾向や、今までの生き方を過度に虚飾する面にもつながりますので、社会からの乖離がより進んでしまうリスクを同時に抱えていることを留意すべきでしょう。

何をモチベーションにして働くか(4)

前回の続きです。今後社会システムが変わっていくと、働き方や価値観が変わってくると思いますが、少なくとも今のような閉塞感が続くと以下のような流れになっていくのではないでしょうか。

1)会社の業績が伸びない。
2)給料も上がらず、ポストや仕事にも恵まれない。
3)組織が沈滞すると、評価軸がどうしても減点法となり、大過ない本社のエリートだけがポストを得る傾向が強くなる。
4)転職してチャンスを求めるにしても、年齢の割に求められるキャリアが不足してしまう。
5)仮に転職がうまくいっても、待遇面でマイナスになってしまう。
6)残るか居るかを比較すると、リスクや待遇面などを考えると居たほうがメリットがあると判断する。

となりますと、目標としてのゴールは、

・是が非でも今の会社で会社人生を全うする。
・ある程度のキャリアに居たほうが良いため、ポストに執着する。

という傾向が強くなってきます。そのため、
・会社としての方針や行動が、社会と反しておかしくなるのは分かっている。
・販売やクレームに影響していて、社会とコンフリクトが生じている。
・社内で評価されている人材の、ロールモデルを取り入れていき、まねして行動する。

傾向が組織の中で群集心理として掛け合わせていきますことから、製品・サービス・方針・組織原理などが明らかに”おかしい”と分かっていても、おかしな方向に余計純化されて進んでしまう、ということがより顕著となってしまいます。


プロフィール

itsolution01

Author:itsolution01
販促物を企画・制作する経営コンサルタント、有限会社ITソリューション 石川 貴善のビジネスブログです。

■ホームページ
http://www.it-planning.jp/
■プロフィール
http://www.it-planning.jp/corp/profile.htm

社会動向・業界動向・事例などのケーススタディーを中心に、課題や原因・解決に至るアプローチをまとめたコラムを取り上げていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。