スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた10年の本質とは-70年代に戻って(7)-まとめ

何回かに分けて1970年代の特徴と、そこから至る現代までの共通性について取り上げていますが、まとめに入りたいと思います。

共通する要素としては

・価値観が多様化して、先行きが不透明な時代になっている。
・雇用や老後など先行きに不安がある。

といった点が変わりなく続いている面が強い印象を受けます。高度成長を経て社会が豊かになってきますと、多様な価値観が次第に許容されてきますし、それ自体は悪いことではありません。
しかし、先行きが不透明・不安というのはあまり好ましい傾向ではなく、いわゆる選択の自由があるものの、その先に目標や目的があいまいになったままでもあり、また古くからの価値観もそれなりに残ってきている、といった形で漂流してきている、というのが実態ではないかと思われます。

社会の目標として、日本の有史以来はっきりしているのは、

・古くは鎌倉武士の専守防衛の時代
・織田信長の天下布武
・江戸時代の安定した社会秩序と戦の無い世の中
・明治以降の富国強兵
・戦後の経済成長

の時代モデルではなかったかと思われます。70年代のオイルショック以降は、経済大国となり、社会的な方向としては改善・洗練のほうの流れに行きましたが、逆に何か大きなものが出てきたというわけではなかった印象があります。

そうした中で、
1)80年代のバブルは、特に日本が土地や株への投資がだぶつくようになり、当時の繁栄は幻だったことが明らかになりました。
2)2003年から2008年までの世界の経済成長は、新興国ではいまだに高成長の路線を行っていますが、今までの社会の矛盾を顕在化することとなり、一切が水泡に帰することとなりました。

そうした中で今後の社会全体が持つ方向性としては、

1)新たな社会的な価値観を根付かせ、ある程度の障壁や社会的なパラダイムシフトがある中でも乗り越えていきながらやっていくか。
2)逆に人口も減少する・社会全体の高齢化が進んでいく中で、”そこそこの社会”か、多少の犠牲があっても(個人の生活レベルで申しますと、子供を大学に出せなくなる・老後の見通しが立たなくなる・都市部で持ち家ではなくなる、といったことが現実味を帯びてくるでしょう。)今までの伝統的な価値観と共に折り合いをつけていく、といった社会を選んでいくのかが、今後の大きなカギになってくるものと思われます。
スポンサーサイト
プロフィール

itsolution01

Author:itsolution01
販促物を企画・制作する経営コンサルタント、有限会社ITソリューション 石川 貴善のビジネスブログです。

■ホームページ
http://www.it-planning.jp/
■プロフィール
http://www.it-planning.jp/corp/profile.htm

社会動向・業界動向・事例などのケーススタディーを中心に、課題や原因・解決に至るアプローチをまとめたコラムを取り上げていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。