スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でのリスクに関する考え方(5)-横並びになりやすい自主規制

次いでリスクに対する対策として出るのは、所管官庁に言われるか、業界内部で申し合わせを行うか、おそらく両方の面がありますが、リスクに関して「自主規制」を取ることが多いです。

これはニュースなどの報道記事でも多いですが、製造業でも一定のリスクのある場合に設けられる場合があります。最も一般的なのはオートバイと自動車にかけられた馬力規制です。表向きは自主規制ですが、官庁が「馬力を上げると事故が増える」という形で規制を図る意味合いが強かったことがあります。

自動車の場合は90年代から20年弱続けられましたが、結果とすればあまり意味のないことでもありました。要因として

1)自動車の280馬力規制は、”280馬力以上”ということで実際にスポーツカーの中では市販で300馬力のものも売られたことがあった。
2)輸入車の規制が外れているために、競争的に不利になった。
3)国産と輸出モデルと両方作る必要に迫られた

ことから外されるようになりましたが、あまり意味のなかったことは確かでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

itsolution01

Author:itsolution01
販促物を企画・制作する経営コンサルタント、有限会社ITソリューション 石川 貴善のビジネスブログです。

■ホームページ
http://www.it-planning.jp/
■プロフィール
http://www.it-planning.jp/corp/profile.htm

社会動向・業界動向・事例などのケーススタディーを中心に、課題や原因・解決に至るアプローチをまとめたコラムを取り上げていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。